東日本大震災復興支援活動

東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

聖学院大学では、復興支援に長期的な関わりを継続していくために、「聖学院大学復興支援ボランティアセンター Seigakuin All Volunteer Effort 【SAVE】」を発足するなど、学生と教職員が心を合わせてさまざまな支援活動に取り組んでまいりました。

復興支援ボランティアセンターでの取り組みは、2012年4月以降「聖学院大学ボランティア活動支援センター」が引き継ぎ、ボランティアスタディバスツアーや学生主体の復興支援活動の応援、被災地の復興を考える講演会、学生へ復興支援ボランティアの紹介などを行っています。また、このような取り組みに関しては、岩手県釜石市を拠点に活動する三陸ひとつなぎ自然学校と連携し、実施しています。

→2011年度の活動についてはこちら

→2012年度の活動についてはこちら

★学生の皆さんへ

被災地でのボランティア活動、東北の復興を応援する活動に関心のある人、どのような活動があるのか知りたい人は、1号館地下1階1cafe「ボランティア活動支援センター相談窓口」まで(平日12:10~16:30)。

「聖学院大学復興支援ボランティアチーム【SAVE】」のFaceBookページも是非ご覧ください!

 

復興支援ボランティアチーム【SAVE】facebook